武蔵野音楽大学付属高等学校(音楽科)

武蔵野音楽大学附属ならではの特典

本格的なホールでのコンサート

武蔵野音楽大学附属音楽教室では、武蔵野音楽大学の各キャンパスにあるコンサートホールを使ってコンサートを行っています。優れた音響の本格的なコンサートホールでの練習・本番を経験することで、子どもたちの力をさらに引き出します。

武蔵野音楽大学 ベートーヴェンホール

武蔵野音楽大学主催の演奏会・公開講座の入場料無料

武蔵野音楽大学では、著名な内外の演奏家や、国際交流として海外の演奏団体を多く招聘し、第一級の音楽を聴く機会を積極的に提供しておりますが、附属音楽教室の在室生(小学生以上)はこれらの演奏会・公開講座に無料で入場することができます(一部有料)。

ペーター・ヤブロンスキー ピアノ公開講座

図書館・オーディオヴィジュアルルームの利用

附属音楽教室の在室生は、武蔵野音楽大学の江古田新キャンパス(2017年度オープン)及び入間キャンパスの図書館・オーディオヴィジュアルルームを利用することができます。ここには楽譜約11万冊、図書約12万冊、AV資料約8万点が所蔵されており、これらを利用することで音楽の理解をより深めることができるでしょう。

江古田新キャンパス図書館

楽器博物館の利用

附属音楽教室の在室生は、武蔵野音楽大学 江古田新キャンパス、入間キャンパスの楽器博物館、およびパルナソス多摩の楽器展示室を見学することができます。
この楽器博物館には、かつてナポレオンIII世が所有したナポレオン帽子型ピアノ、作曲家シューマンの妻で高名なピアニストであったクララ・シューマン愛用のグランドピアノ、ヴァイオリンの名器群や木管楽器の体系的コレクションなどの西洋クラシック楽器の数々のほか、わが国が誇る邦楽器の名品コレクション、世界各地の民族楽器などがあります。また、その他ヴァイオリンやチェロの名弓、蝋管機や歴史的オルゴールなどもあわせて所蔵・展示しています。

武蔵野音楽大学 江古田新キャンパス楽器博物館(開館準備中)

武蔵野音楽大学 軽井沢高原研修センターの利用

附属音楽教室の在室生は、武蔵野音楽大学軽井沢高原研修センターを利用することができます。この施設は、本館は大・中・小4つの研修室と、90名まで宿泊できる設備を整え、別館は、家族や少人数のグループで利用できるメゾネットタイプの「浅間」と「妙義」の2棟があり、自然と音楽を心ゆくまで堪能できます。

大研修室は、コンサートや研究発表、講演、フルオーケストラや合唱のリハーサルなどに、中小の研修室は室内楽の練習などに、さまざまなニーズに合わせたスペースを提供します。夏期には音楽教室のミュージックキャンプが毎年開催され、コンサートやレクリエーションなど、様々な催しが行われています。

さらにここには食堂、ロビー、大・中浴室、全天候型テニスコート2面もあり、リゾート施設として在室生と保護者の皆様もご利用できます。

軽井沢高原研修センター 大研修室 ミュージックキャンプでの合奏